特定遊興飲食店の定義

特定遊興飲食店とは、ナイトクラブその他設備を設けて客に遊興をさせ、かつ、客に飲食をさせる営業 (客に酒類を提供して営むものに限る。)で、午前6時後翌日の午前零時前の時間においてのみ営むもの以外のもの (風俗営業に該当するものを除く。)と定義されています。

 

@深夜(午前0時〜6時)に営業する。

A深夜に酒類を提供する。

B深夜に客に遊興させる。

 

@ABを満たす場合、特定遊興飲食店となる可能性があることになります。

※解釈案のため、今後変更される場合あり。

遊興の種類

規制対象となる「遊興」とは、次のようなものとされています。

 

・ 不特定の客にショー、ダンス、演芸その他の興行等を見せる行為 

・ 不特定の客に歌手がその場で歌う歌、バンドの生演奏等を聴かせる行為 

・ 客にダンスをさせる場所を設けるとともに、音楽や照明の演出等を行い、不特定の客にダンスをさせる 行為

 ・ のど自慢大会などの遊戯、ゲーム、競技等に不特定の客を参加させる行為

 ・ カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客に歌うことを勧奨し、不特定の客の歌に合わせて照明の演 出、合いの手等を行い、又は不特定の客の歌を褒めはやす行為

 ・ バー等でスポーツ等の映像を不特定の客に見せるとともに、客に呼び掛けて応援等に参加させる行為

 

これに対して、次のような行為は遊興にあたらないと考えられます。

 

・ いわゆるカラオケボックスで不特定の客にカラオケ装置を使用させる行為

・ カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客が自分から歌うことを要望した場合に、マイクや歌詞カードを手渡し、又はカラオケ装置を作動させる行為

・ ボーリングビリヤードの設備を設けてこれを不特定の客に自由に使用させる行為

・ バー等でスポーツ等の映像を単に不特定の客に見せる行為(客自身が応援等を行う場合を含む。)

許可の申請

千葉県では、平成28年3月23日から、営業所を管轄する警察署の生活安全課で、申請を行うことができます。(施行平成28年6月23日)