飲食店営業許可

 

 

 

飲食店や喫茶店を開業し、営業する場合、食品衛生法により都道府県知事の飲食店営業許可が必要になります。

また、スナックやパブなどの社交飲食店(風俗営業1号)や麻雀店(風俗営業4号)などでお客さんに飲食物を調理して提供する場合も飲食店営業許可が必要です。

 

 

 

【許可の要件】

 

許可を受けるには下記の要件を満たしている必要があります

  1. 都道府県条例に定める施設基準に適合した営業施設であること。
  2. 食品衛生責任者を選任すること。
  3. 申請者に欠格事由がないこと。
     

 

 

 

 

【必要な書類】

 

申請には、下記の書類が必要です。

 

 

  1. 食品営業許可申請書
  2. 営業設備の大要
  3. 営業施設全体の平面図
  4. 営業施設の場所を示す見取り図
  5. 食品衛生責任者設置届
  6. 食品衛生責任者の資格者証
  7. その他自治体によって求められるもの

     (自治体により、検便結果等の書類が必要となる場合があります。)

 

 

 

申請後、保健所職員の現地調査を経て許可証が交付されます。  

 

 

 

 

飲食店営業許可のご相談・ご依頼について

 

【ご相談について】

 

お問い合わせは無料です。

ただし、書類の作成方法等の具体的なご相談に関しては有料とさせていただきます。

 

 

【ご依頼について】

 

作成及び申請代行のご依頼につきましては

 

【報酬額】 43,200〜 (税込)

                   (図面作成、書類作成、提出代行、検査立会いなど)

 

※その他に申請料がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

飲食店許可申請代行に関する報酬につきましては、前払いで申し受けます

実費が発生した場合は業務完了後、ご請求申し上げます。

 

 

 

 

 

 

縺皮嶌隲縺ッ縺薙■繧峨∴.jpg

 

 

 

 

 

 

 

                         

千葉県松戸市 行政書士福本事務所トップページ